ちょっと待った、腰痛手術(日本経済新聞 2016.4.9)

保存治療の最先端が『ユラックス ストレッチ』プラス『リハビリテーション』です。

 

ユラックスストレッチは治療でなくあくまでもストレッチ運動ですが、理学療法の施術・リハビリテーションをより効果的にする補助具として大変注目されています。

 

また、リハビリテーションは自己管理でもできます。

 

手術はしたくないという方は、理学療法士、柔術整復師に先生を紹介いたします。

 

ユラックスとの組み合わせで、保存(温存)ができるかもしれません。

 

ユラックスを活用することで、『耐えられない痛み』の期間が緩和できる可能性を秘めた運動です。

 

もちろん『ユラックス』は治療機器ではありません。あくまでもストレッチマシンですので理学療法(リハビリテーション)との組み合わせが必要です。

 

 

電話でのお問い合わせ 055-916-3994